プリザーブドフラワーで生活に潤いを与えてみませんか

花や緑を加えた生活は潤いがあっていいものです。
しかし生花は値段が高い上に日持ちに限界があるし、かといって造花やドライフラワーだと物足りないという人は、プリザーブドフラワーをおすすめします。
プリザーブドとは日本語で「保存する」という意味ですが、生花のようなみずみずしさや風合いを長期間保存できるように加工をほどこした花のことです。
その花が一番美しく咲く状態の時に、花自身の力で色素と有機物を吸収させ、美しくみずみずしい姿を長期間維持します。
生花と見間違えるほどの質感で、初めて見る人の中には、そのリアリティに驚く人も少なくありません。
芸術性を求めるなら、現実にはない花の色に加工して楽しむということもできます。
水をやる必要はなく、生花よりも軽いのが特徴です。
高温多湿には弱いのでその点を注意してうまく管理してください。
水に弱いですから、生花と一緒に飾るのも控えたほうがよいでしょう。
生花よりは多少値がはりますが、その分比べ物にならないくらい長期間保存できますので、頻繁に買い替えや買い足しする必要がありません。
誕生日プレゼントなどのギフトやウエディングブーケなどにも適していますが、インテリア感覚で楽しむ人がやはり多いようです。

生花のような風合いが長く楽しめるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、生花や葉に特殊な加工をして、長期間、美しい色や風合いを楽しめるようにしたものです。
プリザーブド(preserved)とは「保存された」という意味です。
1991年にフランスのヴェルモント社が保存技術で特許をとって、マスコミなどでも「いつまでも美しい花」として取り上げられ、広く知られるようになりました。
ショップやロビーなどのディスプレイや、ウェディングブーケとして利用されている他、自宅のインテリアとしても、フラワーギフトとしても人気を集めています。
プリザーブドフラワーに加工するには、生花や葉が最も美しい状態の時に刈り取って、すぐに専用の液体に浸して脱水と脱色をします。
その後、着色用の液体に浸して、グリセリン成分と色素を吸わせ、それから乾燥させます。
フラワーショップで販売されていますが、専用液も市販されてるので自分でも作れます。
柔らかで自然な風合いが楽しめるとともに、自然の花ではありえない色にも着色でき、多彩なアレンジが楽しめます。
なんといっても、長く美しさを保てることと、水やりなどの世話をする必要がないことが魅力です。
クリアボックスなどに入れて飾れば5~8年、入れていなくても2~3年くらいは持つと言われています。
ただ、湿気や直射日光に弱く、生花のように繊細なので、飾る場所や扱いに注意しましょう。

Valuable information

脊柱管狭窄症 サプリ

ジョイントマット おしゃれ

カルティエ 高価買取

2017/12/7 更新

○上に戻る○